「DRUG ON」は福岡で最大級の売り場面積を誇る大型免税店ドラッグストアです

医薬品販売について

店舗販売業の管理及び運営に関する事項

許可の区分の別店舗販売業
許可番号【店舗販売業】9262208号
店舗開設者の氏名株式会社ケアルプラス
代表取締役 向江友樹
店舗の名称【店舗販売業】ドラッグ・オン福岡店 (DRUGON福岡店)
店舗の住所福岡県福岡市博多区月隈2-1-1
許可有効期間【店舗販売業】平成27年2月1日から平成32年12月31日まで
所管自治体名福岡市博多区
店舗の管理者名●ドラッグ・オン福岡 管理者 菊池 富一
 担当業務: (医薬品販売、情報提供、相談、在庫管理)
当該店舗に勤務する薬剤師または
登録販売者の別、担当業務等
●ドラッグ・オン福岡
[薬剤師]菊池 富一
[登録販売者]牟田 容子、藤野 保、田中 彰紀
       小池 裕子、王鏵、張武
担当業務:医薬品販売、情報提供、相談、在庫管理
※菊池、小池、王、張については店頭販売のみの対応

勤務状況:勤務時間 9:00~18:00
登録販売者シフト表
取り扱う要指導・
一般用医薬品の区分
●ドラッグ・オン福岡店
 指定第2類医薬品、第2類医薬品、第3類医薬品
※一般医薬品の使用期限について
 当店で販売する医薬品は、使用期限が1年以上のものを販売しております。
勤務する従業員の区別「薬剤師」「登録販売者」と記した名札と白衣を着用
営業時間・営業時間外の
相談対応時間及び連絡先
●ドラッグ・オン福岡店(ネット販売)
・営業時間:月~金曜日
 午前10時00分より午後5時00分まで
・定休日:土曜日・日曜日・祝日
・連絡先:092-586-8307
店舗の開店時間と
ネットの販売時間
●ドラッグ・オン福岡店
・実店舗の開店時間:年中無休
 午前10時00分より午後6時00分まで
・ネットの販売時間:月~金曜日(祝日を除く)
 午前10時00分より午後5時00分まで
通常相談時及び緊急時の連絡先●ドラッグ・オン福岡店

特定商取引に関する法律に基づく表記

【1】要指導医薬品、一般用医薬品の定義および解説

用途・種類に応じて『要指導医薬品』『一般用医薬品』のリスク別に5つに分類されます。

要指導医薬品下記のイから二に揚げるもののうち、その効能及び効果において人体に対する作用が著しくないものであって、薬剤師その他の医薬関係者から提供された情報に基づく需要者の選択により使用されることが目的とされているものであり、かつ、その適正な使用のために薬剤師の対面による情報の提供及び薬学的知見に基づく指導が行われることが必要なもの。

イ) 再審査を終えていないダイレクトOTC
ロ) スイッチ直後品目
ハ) 毒薬
二) 劇薬
第1類医薬品その副作用等により日常生活に支障をきたす程度の健康被害が生じるおそれがある医薬品のうちその使用に関し特に注意が必要なものとして厚生労働大臣が指定するもの及びその製造販売の承認の申請に際して医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律第14条第8項第1号に該当するとされた医薬品であって、当該申請に係る承認を受けてから厚生労働省令で定める期間を経過しないもの。
(一般医薬品の中で特にリスクが高い医薬品を指します。)
第2類医薬品その副作用等により日常生活に支障をきたす程度の健康被害が生ずるおそれがある医薬品(第1医薬品をのぞく)であって厚生労働大臣が指定するもの。
(一般医薬品の中でリスクは比較的高い医薬品を指します。)
指定第2類医薬品第2類医薬品の中で、特別な注意を要するものとして厚生労働大臣が指定するもの。
第3類医薬品第1類医薬品及び第2類医薬品以外の一般用医薬品。
(一般用医薬品の中で比較的リスクが低い医薬品を指します。)

【2】リスク分類の表示についての制度

リスク分類はパッケージに表示されています。

●要指導医薬品は、「要指導医薬品」の文字を記載し、枠で囲みます。
●一般用医薬品は、リスク区分ごとに「第1類医薬品」「第2類医薬品」「第3類医薬品」の文字を記載し、枠で囲みます。
●指定第2類医薬品は、2の文字を○又は□で囲みます。

【3】医薬品に関する情報提供についての制度

医薬品をお求めの際は、専門家にご相談下さい。

◯要指導医薬品(取扱いなし)薬剤師が適切な使用の仕方を、必ず対面で書面を用いた情報提供と指導を行います。
◯第1類医薬品(取扱いなし)薬剤師が適切な使用の仕方を、必ず対面で書面を用いた情報提供と指導を行います。
◯指定第2類医薬品薬剤師または登録販売者が適正な使用の仕方について説明を行います。
なお、指定第2類医薬品は、相互作用や患者背景等の条件により、まれに健康被害のリスクを高める成分や、
習慣性のある成分を含みますので、薬剤師または登録販売者が禁忌を確認します。
◯第2類医薬品薬剤師または登録販売者が適正な使用の仕方について説明を行います。
◯第3類医薬品ご要望により薬剤師または登録販売者が説明を行います。
※医薬品ご購入後のご相談は、ご購入頂いた薬局もしくは店舗の薬剤師または登録販売者が責任をもって対応します。
※販売薬局および店舗は、販売等で知り得た皆様の個人情報を厳密かつ適切に取り扱います。

【4】医薬品の陳列についての制度

要指導医薬品・第1類医薬品は、薬剤師が対面で情報提供するため、お客様が直接手に取れない陳列、もしくは鍵のかかった設備での陳列となります。
第2類医薬品、第3類医薬品は、リスク区分毎に混在しないように陳列しています。なお、指定第2類医薬品は、薬剤師または登録販売者が情報提供できるよう、薬剤師または登録販売者が常在している場所の7m以内に陳列しています。

【5】健康被害救済制度について

健康被害救済制度とは…
薬局などで購入した医薬品を適正に使用したにもかかわらず発生した健康被害をの公的な救済制度です。

医薬品医療機器総合機構    http://www.pmda.go.jp/kenkouhigai_camp/index.html
電話 0120-149-931(フリーダイヤル)  03-3506-9411

【6】個人情報の取扱について

1)販売記録作成にあたりお客様の同意を得た上で個人情報を取得します。
2)取得した個人情報は関連する法令および社内の規定・運用により安全に管理します。

【7】その他、必要な事項について

1)薬剤師不在時は要指導医薬品および第1類医薬品売り場、薬剤師ならびに登録販売者が不在時には許可を受けた医薬品の売り場を閉鎖します(閉鎖時の医薬品販売は法律で禁じられています)
2)医薬品の正しい購入方法、正しい使用に努めて下さい。
3)医薬品の中に入っている「添付文書」は捨てずに、医薬品がある間は保管し、必要に応じ確認できるようにして下さい。
4)店舗で解決しない内容の苦情相談窓口は次のとおりです。
【苦情相談窓口】
博多保健所健康課医薬務係:092-419-1090
受付時間:9:00-12:00、13:00-17:00(平日のみ)

特定商取引に関する法律に基づく表記

pagehead